身を守る術を伝授|地震を予想できれば身の安全を確保できるのです

予想できない地震を対策!防災グッズは日頃から準備しておくべし

Preparefor

準備しておくべきもの

いざ地震に見舞われた時には最低でも1週間分の食料や水、生活用品が必要だといわれています。ですので、ランキングを参考にしていつも部屋に常備させておくといいでしょう。

人気グッズランキングサイト

no.1

水は重要

人間の体を作るのに欠かせないものが水だと言えるでしょう。これさえあれば最悪食料がなくても生き延びられる確率は高くなります。まさに命の水ですので、まとめて購入するのが主流になっています。

no.2

食料が大切

食料は被災時はなかなか手に入らないですし、ライフラインが途切れてしまい、いつものように温めたりすることも困難になっています。ですので、そのまま口にすることができる食品がいいと呼び声が高いです。

no.3

ラジオを備えておくべし

近頃のラジオは廻すと自動的に発電してくれるものがあるので、そちらを購入しておけば電池が切れてしまっても使用することが可能になっています。懐中電灯と同時に揃えておくのがベターです。

no.4

薬を多めに

持病がある方は、医者から処方された薬を常備しておく必要があります。また、被災中は持病だけでなく風邪などの感染症に罹ったり、体調を崩したりする場合もあります。そのため、風邪薬や胃腸薬などの薬も持っておくと安心です。

no.5

生理用ナプキン

災害時は特にナプキンが不足しがちになるなので、1人1カ月以上は確保しておいた方がいいでしょう。今では薄めのものもあるので、かさばらずに済むと備えておく人が多くなっているのです。

身を守る術を伝授

防災グッズ

一日当たり必要な分量

地震が生じた時に1人あたりが備えておくべき量は、水だと1~2リットルを1週間分、非常食も同じくらい揃えておいた方がいいとされています。それらを持っているだけでも防災になります。また、予想災害が大きければ大きいほど必要な物が1カ月単位に増えると言えるでしょう。

キャリーバッグに詰める

防災グッズの量はとても多くなってしまうので、保管場所の確保が難しい場合があります。そういった時の優れものとして、旅行用に使用する大きいサイズのキャリーバッグが一役買ってくれるのです。こちらは保管だけでなく、持って移動するのにも最適なので、この中に食料や水、下着類などを入れておくべきです。より多めにアイテムを入れておくのがベストです。

玄関や枕元に置くべし

地震はいつ来るか分からないので、枕元など自分がよくいるところや玄関など逃げやすいところに常備しておくといいでしょう。そして、予想災害が大きくなってしまっても、生き残るのに必要な分を確保することが大切になるのです。

念のためクローゼットにも設置を

予想災害よりも揺れが酷い地震の場合は防災グッズを破壊してしまう恐れがあるので、自宅で一番丈夫な場所にもう1つ隠しておくといいのです。そうすることで、万が一紛失してしまっても食料などを摂取することができるでしょう。

広告募集中