メカニズムについて|地震を予想できれば身の安全を確保できるのです

予想するためには地震が起こるメカニズムを徹底分析

Preparefor

メカニズムについて

グラフ

特許を取っている

最近人気になっている地震予想サイトは、地震が来る前の前兆として、地圏や大気圏、電離圏などに異常が現れるということを見出した教授が運営しているので、安心して登録することが可能です。また、それらを駆使することによって、地震が発生する7日前に前兆を知ることができる特許も習得しているのです。

観測の仕方は2つ

地震が生じるよりも以前に起こる電波を直接受信しておくことで、予想をすることが可能になっています。他には、地上にある電波を利用して現象を感知することもできるようになっています。そして、どちらの方法でも成功率が高くなっていると言えるでしょう。

特徴とは

震源地から地表に到達する際の弱い周波数の電波を受信することによって、地圏や大気圏を観測したり、ラジオや電波時計から放たれる電離層に反射している周波数を受けとって電離層を調べることができるのです。それらを毎日計ることで微妙な違いを発見することが可能です。

複合観測のメリット

電波の異常

地震の前触れともいえる電波の異常が生じれば、だいたい2週間前には反応が見られるのです。そして、時系列変化を研究するすればするほど当たる確率が高くなると言えるでしょう。

外れる確率を抑えられる

予測は当たらないとされていましたが、複合観測であれば、地震以外のものかそうでないかを識別することができるので、外れてしまうことがほとんどないのです。ですので、信頼できるシステムなのです。

室内で観測できる

自宅の屋根に専用のアンテナを設置するだけで、情報は全てパソコンに移すことができるので、室内で調べることが可能になっているのです。そして、その観測を機械が行なっているので、より早く危険を知ることができるでしょう。

広告募集中